トップページ > 係争内容

係争内容Dispute

1.過失

過失の認定は、事実認定とその法的・医学的評価の2面にわたって諸々の難しい問題点を生じさせます。
協力医の助言をうけながら、適切な認定がなされるように努めます。

2.賠償額算定

損害賠償には以下のような項目があります。損害賠償額が適切なものであるか項目別に精査を行います。

※慰謝料

事故による精神的苦痛を慰謝するためのものです。死亡慰謝料・後遺障害慰謝料・傷害慰謝料(入院・通院)などがあります。

※逸失利益

事故によって、失った将来の経済的利益の補填のためのものです。
稼動できなくなる期間や失った労働力の割合、基準所得額が争われる例が多く見られます。
後遺障害の認定がされた場合、その等級に応じて5パーセントから100パーセントの労働能力が失われたと認定されます。

※治療費・介護費用

治療・介護のために現実に支出した金額です。
治療のために要した期間や治癒時期が争点となる例が多く見られます。

※休業損害

仕事ができなかったことによって失った利益です。
休業期間や基準所得額が争われるれる例が多く見られます。

Copyright(C) 富山 医療事故(医療過誤・医療ミス) 深水法律事務所 All Rights Reserved.